中野 煌三作 小皿
穴窯の魅力
土そのものを活かした
焼き締めの皿
薪が作り出す絶妙の色合い。単に黒や焦げ茶ぽいいだけではなく、炎により様々な色合いを備えています。たとえば石はぜ、ひび割れなど変わった雰囲気になります。焼き締めの面白さです。又水に濡らすことにより、しっとりとした表情に。時にはこんなお皿で召し上がっては。
商品名 三つ足皿
価 格 各1,100円(税込)
作 者 中野 煌三
商品番号 3904001 タイプ1,2,3,4,5
手触り ざらざら
ここクリックで拡大写真
商品見本は画像につき、色彩等実物と微妙に異なります、ご了承ください
買い物カゴが使えないときはこちらのメール又はFAX
トップへ 中野 煌三 作品コーナー
中野 煌三 作家紹介コーナーへ
ギフト包装の詳細へ
ご注文・お支払い・発送詳細へ
外が少し薄い茶です
石はぜは景色に

白いところは化粧です
石はぜ/焼き締めの時、表面が割れて中の石が出てくること、いいものは景色となる。
タイプ[5]
径13cm×高さ4cm 重さ190g 
タイプ[3]
径13.2 cm×高さ3.9cm 重さ190g 
タイプ[4]
径13.2cm×高さ3.9cm 重さ185g 
タイプ[2]
径13.3cm×高さ4.1cm 重さ185g
石はぜがあります 
タイプ[1]
径13.3cm×高さ3.9cm 重さ185g 
童仙傍の跡3つ
童仙傍/窯詰するときの道具士(固まらない土)。焼き締まりにくいので器と棚板との間においてくっ付くのを防ぐ。

黒小皿1個 1,100円(税込)  タイプ 購入数
                   
別タイプを併せてご注文の方は
[タイプ→購入数→買い物カゴへ]を繰り返してください。