平野美帆 作 蕎麦猪口
渋く飽きが来ない
御深井釉の器
落ち着いた不思議な色合いの御深井釉。しかも手びねりの風合いが加わって更に魅力が。kカップなど母上の喫茶ギャラリーで使われていますが一度使うととりこになります。御深井釉と手びねりのコンビは、長く使うほど味が出てきます。
作品名 蕎麦猪口
価 格 各2,000円(税込み)
作 者 平野美帆
手触り つるつる
ここクリックで拡大写真
商品見本は画像につき、色彩等実物と微妙に異なります、ご了承ください
手びねりの独特の表情
トップへ 平野美帆 作品コーナー
平野美帆 作家紹介コーナー
ギフト包装の詳細へ
ご注文・お支払い・発送詳細へ
買い物カゴが使えないときはこちらのメール又はFAX
手捻り(てびねり)/手先だけで形を作っていく方法。手の跡の風合いが出る。
御深井釉/透明な淡い青色の釉、尾張徳川家の御用窯で使われた。このような薄い緑になることも。
蕎麦猪口1客 2,000円  購入数
SOLD OUT
口径8.8、9.4cm×高さ6.8、6.9cm 重さ175、200g 
口径8.8、9.4cm×高さ6.8、6.9cm 重さ175、200g 
蕎麦猪口1客 2,000円  購入数
残1個